« じわじわと、じわじわと実感する高齢化社会 | トップページ | 梅雨時の洗濯方法は? »

重量感あるハマグリを焼いて見た

新鮮なハマグリ、ホタテ、魚介類を食べたいと思い千葉県の九十九里浜に行って焼いた。

どの席も4~6人席でお一人様は入りずらい。wobbly

席はテーブルと御座敷があり、テーブル席は奥の方にあり、座敷はテーブル席よりも多い。足腰が不自由な年配者に配慮しテーブル席を予約した。

003

場所は九十九里浜まで徒歩2分程度。砂浜まで堤防があるため食事をしながら海を眺めることはできない。

ハマグリを手に取った重量感と大きさは正に感動。目の前焼く其の贅沢さをレポート。

ハマグリの他にホタテも焼いて見た。

ホタテのバター焼きだが、家族の一人は宗教上の理由で牛脂を摂らないと。

日本の食材に詳しい人がいて「マーガリンだよ」ってつたえてその人はホッとした。「バター焼き」は固有名詞なので、海外の人に理解するように説明しながら、料理を楽しんだ。

001

焼き上がりは濃いコーンスープのようで、肉厚のホタテは満足度120%だ。

004

熱々のストーブを囲むので、コーラがおいしい。バターが滴ると燃え上がる。お水はセルフサービスとのこと。

焼いたハマグリから出汁がまたおいしい。ほんのり甘く、香りも豊か。海の食材を実感する瞬間だ。

005

一通り全部載せてみた。お昼だけど焼肉の雰囲気だけど食材はあっさり海鮮系。

野菜もない。

008

食材を全部ハマグリで占めてよいが、多分飽きるだろう。

海老もすっごい新鮮そうだ。塩をまぶしてあるのでそのまま焼けばOK。

Dscn2207

サザエの中国語は「角蠑螺」。

中国語圏のサイトでは食材に関する情報が少なかった。(ほとんど生物学的な内容)海外からの人としてはサザエは異色な食材なんだろうか。

Dscn2206

セットで頼むとほどよい量でいろんな食材が楽しめる。

勿論お店のお薦めの押さえての上での提供なので、迷いはない。

011

お店は国道側と砂浜側両方に駐車場があり、大きい車や大型のバイクも余裕で停められる。

007

国道のサービスエリアを彷彿するデザインなので曲がる交差点を見過ごさなければ簡単にたどり着くことができる。

駐車場が溢れなければいいが、夏まっただ中になればきっとお客さんもひしめくだろう。

-まとめ

銚子方面、九十九里浜へ行く途中にある。海に用がなければ訪れる事がない太平洋側の端にあるお店。

交通の便もそれほどよいわけではないが、夏休みの思い出作りには最適だろう。家族での利用がもっともお薦め。焼肉の容量がだが食事よりコミュニケーションを楽しむ場として訪れよう。

一人での利用はかなり勇気のいる行動だ。

焼蛤 浜茶屋 向島
昼総合点★★★☆☆ 3.1

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 九十九里町その他

|

« じわじわと、じわじわと実感する高齢化社会 | トップページ | 梅雨時の洗濯方法は? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/59931962

この記事へのトラックバック一覧です: 重量感あるハマグリを焼いて見た:

« じわじわと、じわじわと実感する高齢化社会 | トップページ | 梅雨時の洗濯方法は? »