« 昭和を実感させる和菓子屋さんって? | トップページ | 信濃大町駅って改築されていたとは? »

六本木で外国人が多いラーメン屋とは?

一蘭 (いちらん) 六本木大江戸線駅上にあるお店。ビルの2階なので少々分かりづらいが、同時に入りずらい。

Pc220583

その理由とは?delicious

外国人観光客が多く、特にアジア系の外国人は団体(5人~8人)で臨む

一人で楽しむような半個室で、「となりどうし」と言うニーズはこたえきれない。一人向きのコンセプトのお店のシステムが外国人観光客の対応に追われ一人では入りずらい店になっていた。wobbly

Pc220581

半個室で、お店の人と顔を合わせることはないが、同時に隣の人とも顔合わせる事もないシステム。sad

この日は気温が低くなっていて六本木の美術館で作品鑑賞の後に寄った。sad

寒い日の夜はやっぱりラーメンで暖を取る、日本文化の実体験。wink

外国人観光客は好奇心旺盛で、カメラやビデオを片手に。

ラーメンについて深い議論を行っている様子で、やや甘く感じるスープを口に合わない人もいて、後ろから見ているとこれが異文化なんだなってって思ったり、考えたりしていた。delicious

Pc220574

六本木の交差点とミッドタウンの間に立地している。飲み会の「締め」に訪れる人と観光客で入り混じったカオスの雰囲気がする。bleah

そこらのラーメン店とはちょっと違う覚悟。

また、運悪く待たされることもしばしばあるので要注意だが。wink

一蘭 六本木大江戸線駅上店
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:ラーメン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

|

« 昭和を実感させる和菓子屋さんって? | トップページ | 信濃大町駅って改築されていたとは? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/59541191

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木で外国人が多いラーメン屋とは?:

« 昭和を実感させる和菓子屋さんって? | トップページ | 信濃大町駅って改築されていたとは? »