« ダイオウグソクムシのぬいぐるみがあるって知っていた? | トップページ | 「汽水」って何? »

イケアASKER小物入れの前作と比較してみた

製品の改良は随時行われ、前作よりも口径が大きくなったが、深さ浅くなり、使い勝手を向上。

ただし、デザインがダサくなった。sign03

P2150003

イケアのASKERをにポトスを差し込んで、ピクチャーレールにぶら下げの壁に立体感を与えている。

前回2つ購入して、気にいったので再度二つを購入。coldsweats01

がしかし、

商品名はそのままだったが商品の入れ替えで仕様の一部が変更になっていた。coldsweats02

それは一体sign02

前作と比較したwobblyP2150004

左が前作、口径が小さく、全体的に丸っこく感じてデザイン性が高い。

何を入れようかわくわくするのに対して、右側は口径が広くなり、いろんなものが入りそうだけど、長さがあると不格好になる。

また、口径が大きくいろんなものが入ると何を入れるか返って迷ってしまう事がある。使い勝手はいいだろうけど、キッチンでスプーンやナイフを入れる事を想定したのか。

両者お値段は同じで799円。

P2150007

口径を分かりやすく見えるようにプラスチックのコップを入れてみた。

前作ではほどよくフィットして、調度よくプラスチックのコップすっぽり入る。

P2150008

こっちは新しい方。口径が広くなり、プラスチックのコップば泳ぐ感じになった。

そして、横から見るとプラスチックのコップははみ出している。

観賞用植物を入れるのには向かなくなった。bleah

P2150009

底も広くなった。

今回の製造地はヴェトナムに。改良に加え、コストを下げたのだろうか。

P2150010

ちなみに前回は中国製。happy02

陶器の場合も中国製がいい感じがする。chinaを掛けた感じ。coldsweats01

P2150011

製品はを置かれている状態から前作と変わった事が気付かせない。wink

きっとこういう小さな改善を繰り返して、消費者の要望にこたえて行っているんだろうなっと思ったけど、前作の方がよかった。

そうなると中古ショップで出回っていないか探さないと・・・って?

P1010001

前作を二つを壁にかけている。左がポトスで右は忘れた。(すまん)coldsweats01

ツタ類の観葉植物は壁に掛けて(収納?)ディスプレイするようにしている。bud

-まとめ

イケア製品はあたりはずれが多い気がする。製品は予告なし変更を繰り返しているので、「よい」と思った製品はすでにラインナップから外れているか、仕様が変わっているかもしれない。

構造が単純でシンプルなものはなおさら。見た目で判断が付かないものが多い。

■参考サイト

イケア

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

|

« ダイオウグソクムシのぬいぐるみがあるって知っていた? | トップページ | 「汽水」って何? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/59148879

この記事へのトラックバック一覧です: イケアASKER小物入れの前作と比較してみた:

« ダイオウグソクムシのぬいぐるみがあるって知っていた? | トップページ | 「汽水」って何? »