« 「台湾の現地法人の代表」村上とはなんぞや!? | トップページ | 神戸市立博物館プーシキン美術館展に行って来た(12月8日まで) »

Apple iPhone SIMフリー版ついに日本で登場!?

日本では長い間、SIMフリー版の iPhone は公式には販売されていなかった。ロックがかかっており、購入の際にはキャリア契約が必須。SIMフリー版の iPhone が欲しければ、海外で購入するしかなかった。 weep

Iphone_5s_iphone_5s_apple_store_jap

11月22日発売開始、つにい日本もSIMフリー版が登場か!?

だがしかし、……2013年11月22日、っぃに……、公式に発売だ。punchannoy

・SIM フリー版はどこで買えるの?

アップルストアのオンラインショップである! 5s、5c 共に販売を開始。

取り扱いは 5s ならカラーは、ゴールド、シルバー、ブラックの3種類。happy02容量も16GB、32GB、64GB。5cも全5色、16GB、32GBと全てのモデルがそろって いる。coldsweats02

・気になるお値段は……?

5s のSIMフリー版なら……

16GB → 7万1800円
32GB → 8万1800円
64GB → 9万1800円

ソフトバンクと au の場合、64GBモデルの端末料金は8万8200円と SIMフリー版の方が3600円高い。ほかのモデルも SIMフリー版が、約3800円~8800円高く、少し割高だ

・キャリア版とSIMフリー版、どちらがお得なのか?

SIM フリー版のメリットと言えば、1台を複数の SIMカードで使いまわせる。海外で、現地通信事業者の SIMカード を入れれば利用可能。本体購入の際、キャリアとの通信契約が必須ではないので、いわゆる「2年縛り」もない。

アップルの公式見解では・・・
『複数年のサービス契約を結びたくない場合や、海外で地元の通信事業者を使いたい場合は、SIMフリーのiPhoneを選ぶことをおすすめします。』

一方、キャリアで購入すれば割引が適用される。複数年の縛りはあるものの、通信料等から一定額が割引され、うまく使えば「実質無料」で iPhone を手に入れることができる。

「縛りがあるが実質無料」→キャリア版
「縛りなしの海外でも使えるモデル」→SIMフリー版

是非海外で、世界での端末の効果的な使い方を期待する。Wi-Fiのみなら是非SIMフリー版もありだろう。

どちらが良いかはその人の使い方による。いずれにせよ、選択肢が増えるのはユーザーとっては良いことなのではないだろうか?

■参考サイト

アップルストア

|

« 「台湾の現地法人の代表」村上とはなんぞや!? | トップページ | 神戸市立博物館プーシキン美術館展に行って来た(12月8日まで) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/58644920

この記事へのトラックバック一覧です: Apple iPhone SIMフリー版ついに日本で登場!?:

« 「台湾の現地法人の代表」村上とはなんぞや!? | トップページ | 神戸市立博物館プーシキン美術館展に行って来た(12月8日まで) »