« 東北地方ローカル線のゆうゆうあぶくまラインを乗ってみた | トップページ | 僅か298円の「デカうま298弁当」は本当にうまいのか? »

モチーフはスペインの天才画家、東急沿線の小さなカフェとは?

店名は言わずとしれず、スペインの天才的な画家、サルバドール・ダリから。ダリと自身の接点は、彼の著書の中で、他の画家を採点評価しており、ヨハネス・フェルメールに最高点を付けている。happy01

P8010017

「ひろりん。のブログ」編集長も同様にヨハネス・フェルメールの大ファンであり、運命的な接点を感じたとされる。

ダリをモチーフにした小さなカフェで芸術の秋を過ごし方をひろりん。のブログからの提案。wink

Cafe_dali001

ダリの絵の中にある風景がそのまま飛びだオブジェ。なかなかよい雰囲気を出している。coldsweats01

Cafe_dali002_2

コーヒーはサイフォン式で入れている。気圧の差によって湯を移動する仕組みを持った、コーヒーを抽出器具である。coldsweats01

Cafe_dali003

なんだかうまい気がするが・・・私にはそこまで味を分ける技量がない。coldsweats01

Cafe_dali004

そして朝食。smile

朝食をcafeで取るってなんだか余裕と言うか、贅沢と言うか。coldsweats02

白いのは茹でた卵。ヨーロッパでは茹卵を載せる金属器具があるが日本では見られない。coldsweats01

 

Cafe_dali006

入口側のソファ席、こじんまりとした様子が他人の家に上がり込んだアットホームな感じが素晴らしい。coldsweats02

ゆっくりと新聞を広げて本日の株価や天気予報を確認する年配のおじさまがいた。wink

Cafe_dali007

シンプルで美しい内装。coldsweats02

Cafe_dali008

使用している水に強いこだわりがあり、天然ミネラルウォーターのメーカーを記載、公開されていた。

-まとめ

平日の開店時間が8時30分とやや遅め、余裕ある朝食を取りたいのできれば8時頃からの開店が望ましい。

渋谷あたり、9時出勤と想定すると、7時45分ごろからの開店も視野に入れてもいいのかもしれない。

逆に朝、市が尾駅で途中下車して利用するのも手だが、そこまでは・・・と。特に急行停車駅でないので、やや利用しずらい。

近くにコインPあるが、車のアクセスも特段便利なわけでない。coldsweats01

東急線の中間地点なので途中下車し、休憩処として利用して見てはどうだろうか。

■参考情報

ダリ美術館(英語)

cafe Dali
昼総合点★★☆☆☆ 2.8

関連ランキング:カフェ | 市が尾駅

|

« 東北地方ローカル線のゆうゆうあぶくまラインを乗ってみた | トップページ | 僅か298円の「デカうま298弁当」は本当にうまいのか? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/58204060

この記事へのトラックバック一覧です: モチーフはスペインの天才画家、東急沿線の小さなカフェとは?:

« 東北地方ローカル線のゆうゆうあぶくまラインを乗ってみた | トップページ | 僅か298円の「デカうま298弁当」は本当にうまいのか? »