« モチーフはスペインの天才画家、東急沿線の小さなカフェとは? | トップページ | 見事な陸の孤島、若葉台団地の今は? »

僅か298円の「デカうま298弁当」は本当にうまいのか?

値段からしてそこそこうまい。メインだけしっかりしていて、オプションにこだわらなければ、週一のペースでの利用も視野に入れたい。happy01

某スーパーで見つけた激安弁当298円はうまいのか?とのことで実際に買って食べてみた。

298_lunch

300円にも満たないお弁当ははたして食えるのか?

つい疑問になって実際買って食べてみないと真相に辿りつけない。

そのお味は?

P8100029
衝撃の298円、勿論税込み価格。coldsweats02

P8100027

ハンバーグはでかいのだが・・・ひき肉の割合が約35%の食感。(実際の割合は分かりませんcoldsweats02)

P8100028

中身の様子を見たらやっぱり大きい。ハンバーグの大きさはスマートフォンよりやや大きめ。但し、肉質の歯ごたえはやや弱い。

ご飯の量はおおよそ250g、普通の弁当に比べたらやや多め。298円でこれだけのボリュームはすごいと思った。企業努力が伝わる逸品でもある。

高いコスト意識と妥協しない品質は目を見張るものがある。

-まとめ

コストパフォーマンスを徹底追求した、コスト重視のランチ弁当。ハンバーグの妥協はしない品質だが、オプションが少なく、独りでご飯を食べる際に色どりが入らない人には最適。栄養を含めて腹を満たすだけの行為には最適かもしれない。298円からして決してまずいとは言えないが、あと少し満足感が欲しいと言うのであれば、デザートかサラダを一品加えてみてはどうだろうか?

 

|

« モチーフはスペインの天才画家、東急沿線の小さなカフェとは? | トップページ | 見事な陸の孤島、若葉台団地の今は? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/58207708

この記事へのトラックバック一覧です: 僅か298円の「デカうま298弁当」は本当にうまいのか?:

« モチーフはスペインの天才画家、東急沿線の小さなカフェとは? | トップページ | 見事な陸の孤島、若葉台団地の今は? »