« お知らせ | トップページ | ポニッツ(PONiTS)ってどうなん? »

築地銀だこの薄皮鯛焼きってどうよ?

熱々でクリミーナ味わい、水天宮前の観光散策の食べ歩きに最適、渋い東京の街並みに溶け込む焼き色は食欲を注ぐ。空港や新幹線に乗る前に寄ってみては!?happy01

台湾人旅行者からの提案で、ひろりん。のブログ突撃取材。外国人が好きそうな雰囲気は確かだった。coldsweats02

P3110047                 手になじむ大きさの薄皮鯛焼き

どんな食感なのかsign02

実際に訪れてみる。coldsweats02

P3110031

確かに「銀だこ」だ。ホントに鯛焼きがあるのか?

中華街では焼きショウロンポウを、横浜駅周辺では甘い香りが漂うワッフル。人形町となれば人形焼きだが・・・sweat01

P3110045

春の季節限定品、いちごカスタード鯛焼きが前衛的だ。150円/匹とリーズナブルな価格設定。heart04

思わず食べ歩きしたくなる。happy01

P3110027

其の他チョコレート鯛焼き等のアレンジメニューも、唯一いちごカスタードに惹かれた。smile

P3110050

皮が極端に薄く、重厚感たっぷりのいちごカスタートが豊満。

尻尾まで餡が入っているかどうかは確認しておらず。観察力不足で申し訳ない。bearing

P3110051

しっかり持ってないと崩れそう・・・sweat01

P3110030

鯛焼き以外にもたこ焼きが・・・味が全く違う商品が並び、外国人はきっと困惑するに違いない。

ま、それも面白いところ。happy01

ちなみに「鯛焼き」、台湾地域で直訳すると「鯛魚焼」となり、文字列からは本物の鯛を焼いた事になる。bleah

似たようなもので言えば「車輪餅」の鯛をモチーフにしたやつと言えば台湾人に通じるはず。delicious

P3110028

こっちはスタンダートの鯛焼き。やはり皮が薄く、餡が透けて見える。

-まとめ

食べ歩きの文化がない東京の街、鯛焼きは貴重な資源。台湾人からすれば最も生活スタイルがマッチしている食文化だけに外せないメニュー。まだ、肌寒い春の旅行の際には是非熱々の鯛焼きを手に取りながら、水天宮に行かれてはどうか。

築地銀だこハイボール酒場 人形町店
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

|

« お知らせ | トップページ | ポニッツ(PONiTS)ってどうなん? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/57364056

この記事へのトラックバック一覧です: 築地銀だこの薄皮鯛焼きってどうよ?:

« お知らせ | トップページ | ポニッツ(PONiTS)ってどうなん? »