« 新型クラウン ピンクって売れるだろうか?? | トップページ | 保存容器にも使えるシリコンランチボックスとは? »

家は買うべきか?借りるべきか?

大学卒業したら、まず賃貸仕様の中古マンションを買え、独身時に広さ40㎡の駅近都心物件を狙い。結婚を機に賃貸へ。happy01

よく結婚したら、マイホームを夢見るのだが。

毎月賃貸料払っても自分のものにならないと言われるが一軒家も分譲マンションも、固定資産税、管理費修繕金がかかる。老朽化してくると、建て替え費用やリフォーム費用がバカにならない。分譲マンションでは積み立てをしているが、一軒家でリフォーム費用を積み立てている人はあまりいない。

ちなみに一軒家の場合、毎年 1% で積み立てないと将来のリフォームに間に合わない。

例えば、郊外新築戸建て5000万円とすると、毎年50万円、毎月約41,667円で積み立てないと修繕が追いつかない計算に。実際はマンションの管理費修繕積立金よりやや高くなってしまう。中古で購入した場合耐用年数が減っている分、月々の積み立て金額も高くなると言う計算。

マイホームは資産になると考える方は多くいるが、実際は不良債権化しやすいリスクも孕んでいる。

住宅の値段はバブル的にあがることはあっても、あがり続けることはない。投資の商品として売りたい時に売れない、流動性が低い、価格の変動性が高く、リスク性は抜群。不安定な時代の結婚に不動産購入となると薄い氷の上に立つようになる。

言いたいのは、結婚後家は買うより借りろ

何十年ものローンに縛られて、数千万円の買い物をしたところで、安心を買えると思い込んでいても、ローンが払えなくなったら ? 離婚したら ? リストラになったら?転勤になったら?数千万円の価値は、特に土地以外の上物部分はすぐに毀損する。(東日本大震災が具体例)

また、子供の成長も未知数。
海外留学を志す、移住となれば、せっかく子供の為に用意した住空間も無駄なスペースへと化してしまいかねない。更に今後の転用も難しい。

計画的な出産であればよいのだが、「うっかり」となってしまって間取りと家族構成が合わない現象なんてざら。

限られた建築スペースで更に増改築を繰り返すと建物自身の意匠性、価値の摩耗も目に見えてくる。

よく伸び伸びと育てたいと言うカップルがいるが、新参となる近所づきあいは自身の力が及ばないので我慢する結果に。

中国のことわざにもあるように孟母三遷は今の時代にも通用する鉄則。

それよりも、そのお金を目先のことに使ったほうが人生、何倍も楽しめるとおもう。家の為に貯金を躍起になって苦しむのもどうだろうか。

一方、賃貸だと、子供の教育、成長に合わせてアレンジメントが容易で、不登校、いじめに遭うようなことがあればすぐ引っ越して環境を変える事も可能だし、夫の転勤にも対応が容易。

万一建物以上に自然毀損があってもリスク性は 0に等しい。

結婚して子供が生まれてから約20年を賃貸で過ごし、子供が巣立った後引き払い再び40㎡の独身時代の駅近都心マンションに戻る。

これ鉄則。

|

« 新型クラウン ピンクって売れるだろうか?? | トップページ | 保存容器にも使えるシリコンランチボックスとは? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
なるほどですね。

ところで、賃貸か持ち家かって何だか結婚するかしないかってことにどこか通じてるような気もするんですが・・・・( ̄Д ̄;;

投稿: ベジータ | 2013/05/23 02:11

>ベジータさん

鋭いポイントに気が付いてくれました。

持ち家(分譲マンション)を買うのと結婚を比較しましょう。
恋愛は賃貸住宅と言えますね。住んでみて、住み心地を試してみることが可能です。
経済力がある人は高級マンション、あまりない人は安アパートになります。
自分の手持ち資産との相談になります。

それなりの年齢になると不動産が欲しくなります。
賃貸料を払うのがバカらしいから、マンションなり一軒家を買えば、賃貸料分得をするのではないかと思うわけです。

しかし、実際はそういきません。

マンションなり一軒家を購入するということは、長期保有するということです。
相手を長期保有する結婚と同じ。

最初はうれしいけれど、だんだん最初の熱が冷めてきます。
物件も古くなっていきます。年を追うごとに資産価値も減少していくのは、結婚もマンションも同じです。

さて、長年住んだから新しい家に住みたい(離婚して新しい相手を見つけたい)と思っても、
なかなか売る(離婚する)ことができません。
高く買い取ってもらう(より素敵な相手を見つける)ことはさらに不可能です。

というわけで、安く買いたたかれて、また新しい物件を購入する人もいれば、
そのままずっとそのマンションで人生を終える人もいます。

長期保有は、家も結婚も難しいようにできているのです。

投稿: ひろりん。のブログ | 2013/05/23 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/57425097

この記事へのトラックバック一覧です: 家は買うべきか?借りるべきか?:

« 新型クラウン ピンクって売れるだろうか?? | トップページ | 保存容器にも使えるシリコンランチボックスとは? »