« T-fal のIH対応フライパンってどうよ? | トップページ | コンカツの成功率は? »

森永ミルクキャラメルの日本産と台湾産を比べてみた

台湾産は風味が豊かで昔ながらの味で少々堅い。一方日本産は甘さがあまり、バターよりもマーガリンの感じがする。どちらかと言えば台湾産の方が伝統のミルクキャラメルで美味しい。happy01

ご存じの通り森永ミルクキャラメルの日本産と台湾産を徹底比較してみた。

P4020037

左が日本国内で流通、販売している森永製菓 ミルクキャラメル 12粒×10箱。一方、右が台湾森永の製品だ。

外見は酷似しており、ミルクキャラメルの中国語が表記されている。

その違いは意外な箇所にあったsign02

P4020038

上の日本森永製菓株式会社から商標を受け、台湾森永製菓で製造している。happy01

下の日本森永製菓はベルマークが付いている。coldsweats02

P4020039

箱の左側は製品の英語名が記載されている。一方、日本産は日本語のまま。happy02

P4020040

正面に向かって箱の右側は台湾産の上下は逆になる。

メーカー小売価格賞味期限とバーコードが記載されている。happy02

一方、日本産は製品の英語名表記と容器包装の識別表示がある。coldsweats02

P4020041

成分及び其の他を比較すると以下になる。happy02

成分比較 日本森永台湾森永
エネルギー 21×12粒=252kcal 198kcal
たんぱく質 0.19g×12粒= 2.28g 1.1g
脂肪 0.51g×12粒=6.12g 2.8g
炭水化物 3.8g×12粒= 45.6g 42.1g
ナトリウム 5.2mg 14.9mg

台湾産のカロリーは控えめで、塩分が多い、実際食べてみても台湾産の方が苦いbearing

日本産は脂肪分が遥かに多く、塩分は控え目happy02

箱は僅かに日本産が大きいsign03

P4020042

僅かに日本産の箱が高い。その差約 1.5mm。coldsweats02

P4020043

台湾産には、保存期限が明記されている。総重量は 50g と記載されている。

P4020044

両者保存期限を比べた。wobbly

台湾産の保存期限は二年に対して、日本産の保存期限は明記されていなかった。

P4020045

箱のトップをみると、台湾産の紙リサイクルのピクトグラムが付記されている。happy01

開封すると

P4020046

左側は日本産。粒が大きく、12粒に対して、台湾産は14粒と二つ多い。

P4020047_2

総体積は僅か日本産が大きい。

P4020049_3

全部を図りに載せて、総重量を計ってみたらcoldsweats02

P4020048                                            50gだったsign03

台湾産のミルクキャラメルも計ってみる。happy02

P4020051                                      両者総重量はほぼ同じだった

P4020050

正味50g

箱に表記されている分量と同じだ。

総重量は同じで日本産の体積が大きい分、台湾産の方が密度が大きいという計算。

P4020053

中箱の裏にメッセージがある。

台湾産のミルクキャラメルに「ゆるキャラ」が登場。名前は「森森(スェンスェン)」。由来は森永の「森」から。紙質は日本産の方が遥かに繊細で白い。sun

P4020054

日本産の方が粒画大きく、透明度がなく、ややミルクっぽい。台湾産は透明度があり、キャラメルっぽい感じがする。good つまり焦げた砂糖の苦みにミルクの感が味わえる。

P4020055_2

日本産の粒は正方形に近い。sign03

P4020056

台湾産のキャラメルの粒の奥行きが薄く、キャンディと同程度の大きさ。甘さより仄かの苦さが先に口に全体に伝わる。

‐まとめ

両者成分が異なり、全く別の食べ物。日本産の粒が大きく柔らかいので子供向けのお菓子としての用途。

一方、台湾産は昔ながらの製法で作られた味。苦さがあり、大人向けの味わい。比べるまで、両者は同等と認識していたが、詳細を比べると台湾産のミルクキャラメルの方がおいしいと実感。

森永製菓 ミルクキャラメル 12粒×10箱

■参考サイト

台湾森永(繁体字中国語)

森永製菓株式会社 (日本語)

キャラメルのお取り寄せ・通販

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

|

« T-fal のIH対応フライパンってどうよ? | トップページ | コンカツの成功率は? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

日本と台湾では同じ森永でも別物なんですねsign01
台湾の森永キャラメルなめてみたくなりました。

私は台湾の牛の絵(多分)の袋に入った、固めで歯につかないキャラメルが好きです。

投稿: あんてぃ | 2013/04/07 00:24

キャラメル おいしいよね

ブログ更新した
ある人 私のことを題材に記事書いてる
止めて欲しい
そのこと ブログにしたよ

投稿: a sora。 | 2013/04/07 17:44

> あんてぃ さん

こんばんは
いつもお世話になっております。

その台湾原産のキャラメル 確かありましたね。
箱ではなく袋に入ってた堅いキャラメルキャンディ
また 懐かしい事 言いますね。

今度見つけてたら、レポートさせて頂きます。

〉aoi sora さん

キャラメルでもなめて、その件に関してはあまり深く考えなくてよいと思います。

ブログはツールであって、電話、メール、手紙、手段の一つに過ぎません。
使い方によってはキャラメルがどんなものか、分かるようになっています。

投稿: ひろりん。のブログ | 2013/04/07 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/57099218

この記事へのトラックバック一覧です: 森永ミルクキャラメルの日本産と台湾産を比べてみた:

« T-fal のIH対応フライパンってどうよ? | トップページ | コンカツの成功率は? »