« クラークコレクション2013観に行くべきか?(5月26日迄) | トップページ | 旅の途中で車を停め、ひと息つけるようなcafeとは? »

「サービスが伝説になる時」とはどういう時?

最近読んだビジネス書。感想と新たにブラッシュアップした行動指針を報告。happy01

P4240065

                

最近プレゼントで頂いたビジネス書

‐どんな時に読む?

電車に乗っている時。音楽を聴きながらページをめくる、メディアに触れる実感がいい。

‐普段はどんな本を読む?

書籍は高いので図書館で借りる。本棚から任意に取った本が知恵との出会い。キーワードは「ひろりん。のブログ」のカテゴリから。

‐ビジネス書ってどうよ?

中学校の頃、始めて買ったビジネス書は中国語だった。読んでみた結果、伝えたいメッセージはいつも一つ。

「どんな時も自身の顧客の事を考えよ」という内容だった。coldsweats02

‐今回のビジネス書はどうなのよ?

うん。成功事例から導き出されたアクションステップのどれか一つをしつこくやって見ようか。

‐そのアクションステップ何よ?

まず、本から以下の項目を挙げた。

  • 約束は小さめに、与えるときは大きく
  • 現場に足を運べ
  • 「顧客の為に次は何ができるだろうか」と言う問いかけ
  • 苦情の実態を知れ
  • 一件の苦情に同様の不満は平均26人。そのうち6人は深刻な事態だ。

行動の指針に入れて日々検討を重ねて精度を磨いていく。

‐本読んで人生変わったか?

即座に何がどう変わったは言えないが、得た知識が応用されて知恵となって、それが蓄積されて成果に結び付くんじゃないのかな。

‐ずばりおもしろっかったか?

ビジネス書が面白と感じるかどうかは割れるところ。1月に一冊のペースで読んで行き、スキルや感性をブラッシュアップしていきたいところ。

アメリカの高級デパートでパートの販売員として入社した人実例体験に基づく内容。小売業、サービス業、とこれからリーダーに就く人向けの本だと想った。

行万里路(万里の路を行く)勝読万巻書(万巻の書物を読む)と聞いたのだが・・・

実践中です。

‐まとめ

本のメッセージよりもなぜこの本を選んだ経営者目線で読み進めて欲しい。単なる小説として読むよりも自身が今、顧客の為に、読者の為何ができるかを改めて考え直しきっかけとして是非片手に読み進めていければいいと思う。

サービスが伝説となる健闘を祈る。

■参考サイト

サービスが伝説になる時―「顧客満足」はリーダーシップで決まる [単行本]

|

« クラークコレクション2013観に行くべきか?(5月26日迄) | トップページ | 旅の途中で車を停め、ひと息つけるようなcafeとは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/57234549

この記事へのトラックバック一覧です: 「サービスが伝説になる時」とはどういう時?:

« クラークコレクション2013観に行くべきか?(5月26日迄) | トップページ | 旅の途中で車を停め、ひと息つけるようなcafeとは? »