« 日本統治時代の酒工場跡地がクリエイティブアート空間に生まれ変わった!? | トップページ | さいたま県の県庁がある駅は? »

昔台湾で流行っていた「焼きショウロンポウ」とは?

超肉汁の焼きショウロンポウ、その昔、台湾で社会現象にもなったが今は終息している。happy01

Wanfujin_04
横浜中華街でいま話題沸騰中のお店。ショウロンポウとは本来蒸して出来上がるのだが焼いたショウロンポウとは一体sign02

お店の前は常に人だかり・・・

いざ実食・・・

Wanfujin_03

そう言えば台湾で「湯包」とか「水煎包」と似たようなモノがある。本来広東小皿料理出てくる一品で、「食べ歩き」ように改良された。日本においては「ホワイト餃子」が近いが、やや異なる。happy01

まぁまぁまぁ・・・うまいだろう。

肉汁が熱いんだ・・・立って食べると意外と不安定でやけどしそう。smile

Wanfujin_02

製造過程をばっちりみえます。黙々とショウロンポウを包む単純な作業だが、手際良くリズミカルで、機械よりも正確なイメージ。happy01

Wanfujin_01

行列は絶えず、お土産取扱も。出来ればその場で食べたい逸品。

まだ気温が寒い時に暖かい焼ショウロンポウは体を温めてくれる。happy01

関連ランキング:肉まん・中華まん | 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

|

« 日本統治時代の酒工場跡地がクリエイティブアート空間に生まれ変わった!? | トップページ | さいたま県の県庁がある駅は? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/56476839

この記事へのトラックバック一覧です: 昔台湾で流行っていた「焼きショウロンポウ」とは?:

« 日本統治時代の酒工場跡地がクリエイティブアート空間に生まれ変わった!? | トップページ | さいたま県の県庁がある駅は? »