« 業務用スクーターってあるのか? | トップページ | 家の定義とは? »

台湾モスバーガーを試してみた

メニューの一部に違いはあるものの、店構え、内装、システム、味、雰囲気は日本のモスバーガーと大して変わるところは見当たらない。happy01

P8070239

台北にあるモスバーガー。なお緑モスはまだ見かけたことはない。bleah

台北メトロの駅近くに続々オープンし、台湾外食産業に大きな脅威を与えている。coldsweats02

実際に入って試してみた。smile

P8080358

お店の様子。(プライバシーに配慮してぼかしあります)sweat01

ファーストフードらしいつくりでこれといった大きな特徴は見られなかった。happy01

clip列の並び方は写真の右側からオーダーして、会計を済ませた後、商品を受け取るかそのまま席に移動して注文した商品を待つ。

日本と変わらない。confident

P8080001

以前から食べたかったモスライスバーガー。写真で見るより意外と小さいが実が締まっているため見た目以上に重たい。happy01

P8080004

ライスバーガーは時々だけどムショウに食べたくなるなる。happy02
今回注文した「海洋珍珠堡」。

あえて日本語に訳すと「シーフードパールバーガー」にもなるのかsign02

高級感がある名前でハンバーガーにはもったいない。bleah

P8080006

お肉がしっかりした歯ごたえで最初の一口で満足度は抜群、しっかり日本の味だ。というか

モスライスバーガー 「海鮮かきあげ(塩だれ)」だった。happy01

台湾人にも受ける。happy02

Mos_burger


サイトのメニューの写真はこちら。coldsweats01

今回はホットコーヒーとフライドポテトをつけてセットで 150元coldsweats01sweat01

Mos_001

サラリーマンの弁当が一つ 70元~120元 すると、ちょっと高級なランチに部類する。coldsweats02

Mos_burger_2

モスライスバーガーは「珍珠堡」と訳されている。全部で5種類、和食メニューを踏襲している味付け。coldsweats02

ここまでくれば腸詰やらポークジャーキーやらと台湾オリジナルライスバーガーがあってもよさそうだが、あえて出していないのはなぜだろうか。happy02

サイトのつくりが日本のサイトの作りと酷似している。ボタンの配置や「店舗情報」のプルダウンメニューあたりがそっくりだ。smile

■参考サイト

摩斯漢堡 (繁体字中国語)ケータリングサービス提供あり。朝11時~21時と夜食に対応sign03

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

|

« 業務用スクーターってあるのか? | トップページ | 家の定義とは? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

中華圏事情」カテゴリの記事

コメント

你好嗎?
我在石二鍋吃了。好吃!

許さんに会えなくて残念でした。

ジェイ

投稿: Jay | 2012/12/03 13:53

>Jay さん

Hey!! How are you today?

II've been eating at Hooters Taipei.

I'll see you.

投稿: ひろりん。のブログ | 2012/12/07 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/56205096

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾モスバーガーを試してみた:

« 業務用スクーターってあるのか? | トップページ | 家の定義とは? »