« 佛跳牆(フォーティアオチャン)とは? | トップページ | 青草茶の作り方を教えてください »

飛騨牛を喰ってみた

ブランド牛ゆえ、観光地、旨さを差し引いてもコストパフォーマンスは悪い。happy01

P5150380

飛騨地方に足を踏み入れたので飛騨牛を口にしてみた。happy01shine

1本450円~500円と牛丼に比べると非常に高価。coldsweats01

その味は一体sign02

P5150381

肉の柔らかさを実感させる挿し具合。手に持ってもそれほど大きな重量感、存在感はないが見た目はおいしそう。smile

P5150382
つややかな表面、醤油タレがなんだか爽やかなイメージ。口に入れた瞬間、肉が溶ける感じですっごい柔らかい。bleah

P5150383

食べた感じがない。coldsweats02

その柔らかさが存在を感じさせない。そしてほどよく油がのっかっていておいしかった。happy02

P5150375

お店の様子。古き良き時代を反映している。外国人が好きそうなただずまい。coldsweats02

P5150376

ビールと飛騨牛だけの立ちチョイ飲みで約1,000円はちょっとお高い。bottle

‐まとめclip

ツーリングドライブや外国人との観光で街並みを歩きながらちょっと立ち飲みには最高の雰囲気だ。

■参考サイト

飛騨牛

六拾番

関連ランキング:串焼き | 高山駅

|

« 佛跳牆(フォーティアオチャン)とは? | トップページ | 青草茶の作り方を教えてください »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/48555441

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨牛を喰ってみた:

« 佛跳牆(フォーティアオチャン)とは? | トップページ | 青草茶の作り方を教えてください »