« エントランスアルコープには何を置いたらいいのか? | トップページ | BNEのステッカーその正体は? »

四川料理と韓国料理と違う辛さが味わえる

P5170055

辛い焼き鳥。以前台湾で台湾で食べたモノと全く同じだ。焼き鳥なのに甘いたれでなく、辛い味噌がインドネシア流。涙が出そうだった。

そして誰もが知っているあの定番料理も・・・

P5170053

定番のナシゴレン、見た目は日本のチャーハンとあまり変わりがない気がするが、現地特有の香辛料が効いていて、少々辛い。多めの油で片面焼きした目玉焼き、揚げせんべい。キュウリとトマトはこれから暑くなる季節に最適。

P5170057

えびのココナッツミルク煮。唯一辛さが無い逸品だった。美味しい食べ方は少しずつ白飯にかけながら食べて行くのとのことだが、今回は見送り。

食後のスープとして美味しく頂きました。しつこくない甘さとクルーミーな味わいは病みつきになりそう。

P5170050

店内雰囲気も抜群、夜景もとびっきり美しく、桜木町方面が一望できる。是非、大切な人と大事なひとときをお過ごしください。

今回は車での来店、お酒は一切なし。と言うか飲料もなく、水だけ。辛かったから何度も店員にお冷を入れて欲しいとお願いした。合計で2Lぐらいの水をもらったと思う。

駐車場代は平日最大1000円、店内で消費したにもかかわらず、500円の駐車料金が発生、唯一の不満だった。

関連ランキング:インドネシア料理 | 馬車道駅みなとみらい駅桜木町駅

|

« エントランスアルコープには何を置いたらいいのか? | トップページ | BNEのステッカーその正体は? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/54764514

この記事へのトラックバック一覧です: 四川料理と韓国料理と違う辛さが味わえる:

« エントランスアルコープには何を置いたらいいのか? | トップページ | BNEのステッカーその正体は? »