« 台北の街のゴミ箱は? | トップページ | インスタント米粉(ビーフン)って何? »

台湾の「肉粽」とは?

台湾で日常的に食べられている「ちまき」、中国語は「肉粽」甘辛のソースをかけて食べるのが絶妙。happy01

P4020001                         台湾の肉粽

 もち米を三角形(または円錐形)に作り、ササの葉で巻き、イグサなどで縛った食品。中国で作られた料理で、日本へは平安時代頃に伝わった。

日本では米粒の原型を留めないものが多く、台湾では米粒の原型が残る。米以外の具を加えているものが多いのでシンプルな味付けとは程遠い。

中身は一体どうなっているsign02

P4020008                   米粒の原型が確認できる

 生のもち米を水に浸し、豚肉、シイタケ、塩漬けアヒルの卵黄、エシャロット、落花生、栗、切り干し大根の具とともに竹の葉に包んで、鍋で煮たもの。bleah

 出来たては暖かくておいしいが、保存食として機能するため冷凍もOK。食べる時に電子レンジでチンすれば風味はそのまま。happy02shine

含まれている具の一部がsign02

 

P4020009                  人気のブタの角煮が・・・

 温める過程において油が溶け出しほどよい風味に・・・写真は三個分。good

台湾粽の美味しさを最大限に引き出せる秘密の調味料とは・・・sign03

 


P4020004              台湾小皿料理に欠かせないティエンラージャン

パッケージ写真にもあるように台湾粽との相性が恐ろしい程絶妙なティエンラージャンなのだ。happy01heart04

P4020005                使用方法も掲載されている:英語併記

 台湾伝統料理に欠かせない調味料としてその市民権は得られている。海外からの評価も高く、メーカー製には英語表記が載るほど。coldsweats01

これ使って美味しく粽を召し上がるとした。happy01

やっぱうまいぜ!台湾人ならではこの旨さを日本のみなさんと共有したいのだが。中華街での販売実績はいまだ確認できず。おそらくレストランでの提供となるのではsign02

通常は食事としては粽は食べないもの、一食分として食べる場合成人男性は3~4個は必要。しかし、脂っこくなるのでお茶やスープ等が欲しくなる。

粽を食べるその経緯とは

中国の伝説で楚の愛国者だった政治家で詩人の屈原が、汨羅江(べきらこう)で入水自殺した後、民衆が弔いのため、屈原の亡骸を食らって傷つけないように魚に米の飯を食べさせる。

端午の節句の日(端午節)にササの葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが起源とされる。来月は5月は端午の節句~台湾の子供たちはドラゴンボードレースを見ながら、粽を食べる習慣がある。sign03

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

|

« 台北の街のゴミ箱は? | トップページ | インスタント米粉(ビーフン)って何? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

中華圏事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/54464524

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の「肉粽」とは?:

« 台北の街のゴミ箱は? | トップページ | インスタント米粉(ビーフン)って何? »