« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

香港マンションってどうなの?

慢性的な土地の不足によって香港は山際まで住宅の開発が進んでいる。都市部はすでに空が狭くなっているのは言うまでも無いが、マンションによる圧迫感はたまったものではない

About Hong Kong Housing.

鉛筆のように細いマンションが並ぶ香港の住宅事情とは・・・?

Pc120130

上の写真は地下鉄黄大仙廟から上がったところの北東側、駐車場を見た光景。香港ならでは特殊な景観だ。坂がすぐ近くに入り込んでいて自転車などのツールは殆ど限られた空間にしか利用できない。

 Pc120096  

コンクリートの林が際限なく続き日差しを遮る。相当の入居者数がある一棟にはその管理も大変だ。特この地区(黄大仙廟)は唯一の内陸区であり、住民はの教育水準、平均収入が最も低く、平均年齢が最も高く、人口密度が2番目に高い。

 Pc120097

 北西側はもう地下鉄駅の間際まで迫ってきている。ざっと数えて50~60階建てだろう。エレベーター待ちが相当めんどくさいので上階になればなるほど不便になる。機会があれば是非香港の住民を訪ねて家の中を見てみたい。眺めはいいだろうと思うけど、その眺めの価値と利便性の兼ね合いはどのように捉えているのだろう?

一方、其の他の地域はどうなの?

Pc130433

比較的ビジネス街が近い香港島のマンション、洗濯物を干すスペースがない為、こんな光景は日常茶飯事。

下はかなりの交通量がある大通りだ。

Pc130434

隣がオフィスビルなのに生活臭を漂わせる激しいギャップにも耐えかねる。

仕事も大変だし、生活も大変だ。事情は理解できるが・・・マンションがぎっしりsign03

Pc130449

緑溢れる公園が有れば最適だが、そんな余裕もなく・・・こんな光景が・・・sign02

Pc130448

マンションとマンションの間にある市場。その屋上は卓球場とコミュニティスペース、地べたで昼寝する人も・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台北の芸能・芸術情報サイトを教えてください

華山1914創意文化園区にあるLegacy台北のサイトがおすすめ!

Legacy_taipei

Legacy台北は芸能情報や上演スケジュールとチケット売買案内があり便利な機能が備わっていて、色合いやメニューの配置等センスがいいサイトに出来ている。

台北101でのショッピングや士林夜市を楽しんだら次はアート活動に参加して見てはどうだろう。

観光客と「台湾通」分ける境目的な活動になるといえる。

もっとも興味分野が問われるところだが、せっかくの台湾、中華アート、植民地文化に触れてみてはどうだろうか。

全国に総合情報はポータルサイトを利用するのが一般的だが入り下ったコンサート情報だと其の劇場のサイトを参照する手順が普通だ。

しかし、東京、横浜では劇場の数が多く、どこにどんなライブが有るのかが分からない。台北ではある程度、どこでどんな事をやるのか、まとまった場所が有るのに対して東京は広すぎだし、劇場やイベントホールもマルチに使われ過ぎだから余計困るもの。

本統治時代の酒工場の跡地を利用したアート空間の一部の施設のサイトがLegacy台北。

もし日本のアート活動やコンサート情報をまとめている便利のサイトがあれば教えてほしいな。 

■参考サイト

Legacy台北

華山1914創意文化園区

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尖沙咀鐘楼(旧九広鉄道時計塔)といえば!?

フェリー乗り場、バス停、地下鉄駅が近く、且つ広く混雑しない、眺めがいいし目印にもなり待ち合わせ場所として最適。happy01

Pc130390
香港ビクトリアハーバーのランドマーク、その名も尖沙咀鐘楼。駅舎が取り壊され、残った時計台。周りを見渡すと中学生高校生たちの待ち合わせの場所となっている。

もし香港が初めてで商談や打ち合せの待ち合わせ場所には最適sign03

例えばフェリーの場合・・・sign03

Pc130403                                     接岸ポイントの大きな目印になる

近くにスターフェリー乗り場と長距離バスのバス停があり、地下鉄尖沙咀駅も遠くないし、駅近のように人が密集してる事もない。

唯一難点と言えば屋根がなく、炎天下の待ち合わせは辛い。sun 

でも大丈夫。近くに、香港文化中心がありスターバックスコーヒーが入っていて、本屋さんもあるので、有効に時間が使える。

待ち合わせは是非ここで。

■地図


大きな地図で見る

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港のトイレは有料なの?

基本無料。公衆トイレは日本と同じだが数は少ない。防犯と清掃費削減のため借りる手続きが煩雑。happy01

セントラルに有るスターバックスで長居してしまい、何度もトイレを借りたので「借りるオペレーション」をリアルレポート。

手順は以下に

  1. スターバックスの店員に声をかける
  2. 「すみません、おトイレをお借りしてもよろしいでしょうか?」(中国語or英語)で聞く
  3. 店員はトイレのカギを渡して、場所を伝えてくれる

えっsign02 なんですかsign02coldsweats01   そうなんです。鍵なんです。keysign03

香港のトイレでは私みたいに「便所飯」(トイレでご飯を食べる事)を防ぐために常時施錠された状態が普通なのです。(うそ)coldsweats02annoy

Pc120306
とりあえず男性用のトイレのカギを渡してくれた。ホテルのフロントから鍵を受け取る要領と考えてくれればよいだろう。sign01
 Pc120307
従業員用の出入り口兼非常口を通ると遠くの扉に又扉でやっとトイレの扉が出てくる。toilet

天井が低く圧迫感があり、方向感覚がなくなってしまうような無機質の空間だ。coldsweats01

Pc120310
洗面台の前にある鏡の下にプレートがあり、その中からスターバックス用のトイレを探し出す。eyeglass
 Pc120308
あったsign03

これだ、男性用小便器の上の壁にも貼ってある。そして、個室のドアにも「スターバックスオンリー」の表示があるのでそれを利用しろということ。 winktoilet

Pc120309
一歩横は別の会社の所有物であり、パシフィックコーヒーのトイレになる。つまり香港のテナントは一つのトイレを共有し、共有する一つのトイレの便器を別々のお店or会社が所有するのだ。coldsweats01

家のトイレをパパ用とママ用に分けて、各自でメンテナンスを行う感じで、清掃の手間や防犯のためだと香港人は言う。think

今回はちょい限界が近かったので手前のを利用してしまった。

次回から気をつけます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

香港で放浪していた

Pc120059
 春節~ 新年明けましておめでとうございます。現在の職業は旅人。

 今年は放浪の一年でしたが、我が放浪は更に続くだろうと予測。場所は香港、ヨーロッパとアジアの十字路といわれており、某旅行代理店は「東方明珠」との言われて久しい。

 住居を持たない貧困者として世界的視野を広める旅を続け、行く先を知らない。

 

辰年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり気になる重慶大厦(チョンキンマンション)

 観光客が集まる繁華街の一等地にありながら、数多くの安宿が密集しているビルとして有名な重慶大厦(チョンキンマンション)。入口には多人種が密集、ちょっとした国際連合ビルの前見たいな。

 エレベーターは常に最混雑を極め、人が多いのか奥は薄暗く、初めての人はちょっと勇気がいるかもしれない。

122302

 そして朝早い時間に立ち寄ったにも関わらずすでに人の往来が激しい。建物は余りにも大きいので交差点を渡った向かい側でも写りきらない。そしてあわただしい香港の朝は人の往来で始まる。

Pc120049

 正面から見ると、ひとつの立方体のビルに見えるが、3階以上は後ろに井の字のような型のビルがあり、5棟合体の構造となっている。ネイザンロードから2階へはエレベーターがあり、上がると中は一坪ショップが引き締め合い、取扱商品は日常消耗品、化粧品、ドラッグストア、ネイルアート、お土産物産展等がある。

122301

 正面入り口は両替商や紳士服仕立て屋、カレー店、雑貨と中古PCパーツと携帯電話機、電子機器等を扱っている店が目立つ。また写真のようなインターネットカフェらしくお店があり。店舗内には約5~6台のPCがあり、インド・パキスタン系の人が利用している。各端末の間には仕切りが有って隣の人からの覗き見を防止できるようになっている。そう言えば香港のインターネットカフェらしき店はここ以外で見たことがない。

Pc130351

一番上の写真に比べ昼間に更に多くの人が出入りしているのがお分かりだろう。重慶大厦の入口近くには、常に南アジア系の外国人と黒人が多く屯しているので更に怪しい雰囲気。

Pc130538

 重慶大厦の夜、轟々しい光に包まれて夜でも昼間見たいに明るい。古き良き香港を今に伝える、貴重な建物であり、複雑な人間模様を感じさせる場所として、いくつかの映画や小説の舞台ともなっている。

■参考サイト

重慶大厦への招待 (日本語)
香港にある多くの安宿が集まっていることで世界的にも有名な多民族雑居ビル・重慶大厦(チョンキンマンション)の紹介サイトです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港の日本語学校「日経」って?

「日経」香港の日本語教育機関の一つ。happy01 

Pc120086

 台湾では至るところにあるが香港でもその需要は少ないわけではない。ここは単なる日本語学校ではなく、日本留学斡旋機関の役割も担っているようだ。
 看板の内容とサイトを比較すると大まかには同じことが書かれているので一貫性はある。実際ここで働いたわけでもなく、利用したわけでもないが、創業から長い間続けているのでそれなりの信用度が確認できる。コースも英会話コースを踏襲し学生向けがメイン。

 「FREE TALK班」っていうのが気になるのだが、超上級者向けのおしゃべりコースなのかそれとも学習者自らなんならかの目的を設定して価値を創造するコースなのか、経験者に聞いた方がよさそうだ。

 それと強みは実用コミュニケーションに重点が置かれて、ホテル、小売、レストランで即戦力的なスキルを身につけるコースが用意されている。

 日本語教師を目指す人、もし教える技術が未熟ならば、FREE TALK班のコースの臨時講師で頑張ってみてはどうだろうか?国際的な感覚が養える一方、中国語もひそかに勉強しちゃえ~って都合のいいことばかり考えないのっ。

 ありっちゃ有りだけどね。成功は必ず勤勉な人にやってくる。

■参考サイト
香港日経日本語学校

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港の倫敦大酒楼の飲茶ってどうなの?

旺角駅近くで朝7時から営業しているワゴン式大衆飲茶店。席数は多いけれども、お昼は相席になる可能性もある。サービスは期待できないがコストパフォーマンスに優れ、メニューも豊富で美味しい。happy01

日本語はロンドンレストラン。ちなみにイギリスのロンドンと関係なく、料理は飲茶そのもの。happy01

Pc120174
一階はホテルのロビーみたいでエレベータがあるだけなので迷わず3階へ。

4階、5階もレストランなのでホントにデカイお店だ。happy01

続きを読む "香港の倫敦大酒楼の飲茶ってどうなの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華街で忠実広東料理の再現を実証した

 ドイツ・ハンブルク食事を共にした京都在中の日本人と横浜中華街で広東飲茶系の料理が食べたいと言って一緒に来たお店。

P1150315

 中華街と言えここは日本。香港のような騒然たる雰囲気はなくもないが、比較的静か。各テーブルには2~3人で多人数の利用は別部屋らしい。中華街という土地柄もありながらデートしている男女ペアの割合が多い。
 P1150317
 香港と違って日本のテーブルは清潔を保ちやすい透明のアクリルが敷いてある。その下にうざい広告が気になるところだ。シンプルな食器にちょっと勿体ない気がする。

 

P1150318
 せっかくの飲茶系の食事なので飲み物は断然普茶(プーアル茶)を注文。茶は味の濃い点心と相性がよいことに加え、消化を促進する作用があり、また点心の油分の吸収を阻害する手段にもなっている。

 日本の大衆的な店においては、飲茶とは点心を腹一杯食べることを指し、茶を飲むことには重点が置かれない。このため、其の他に用意されている茶のメニューもウーロン茶とジャスミン茶の三種類のみ、少々残念な気持ちになったので星1つにした。

  友達は飲茶の意味を理解していなかったため、飲酒に・・・

 

P1150320
 飲茶メニュー定番の大根もち、そのままでもいいが醤油や黒酢が合う。脂っこいので飲茶にはもってこいの一品だ。

 

P1150321  
 家鴨ご飯、ご飯も野菜も熱い油に包まれてまろやかな香りがより一層食欲を引き立たせる。ふかひれスープと一緒に頂いたら最高の贅沢。

 

P1150322
 飲茶メニューの定番ショウロンポウ。エビが入っているのは別格にうまい。これも同じく醤油か黒酢で頂こう。勿論お茶も飲みながら。
 P1150323
 追加でふかひれ入りのシュウマイも頂き。カラシではなく黒酢で頂き。余りの美味しさにふかひれの食感が分からないまま喉を通りすぎてしまった。(勿体ない・・・)

 

P1150324
 飲茶系でちょっと異端児に属する鳥の足。香港では鳩の足等とあるが日本は鶏の足だ。
プルプルした食感と絶妙な味付けが美味しい。

 

P1150325
 メニューの全ジャンルは一通り制覇したつもりだが、復習して見ると「豆腐類」がまだだった。最後締めのデザートを杏仁豆腐でカバー。特性の滑らか豆腐で口に入れた瞬間弾けて消えるような食感と上品な甘さが堪らない。

 

P1150326  
 飲茶の定番デザートのゴマ団子も頂き。中身の餡がとても熱いので決して一気にパクッと行かないように。ゆっくりとお茶を飲みながら一口ずつ口に運ぼう。日本ではこれはフォークで頂くようで、フォークが用意されるが香港では箸のままだった。 _blog
レシートには食べたものリストが、大人男二人で楽しく食べてこれくらい。18時の予約で17時53分ごろ入店。何をどう食べていいかわからない人に参考にしてもらえたらいいなと思って参考に。

 飲茶なのにお酒が入っているのと言うツッコミは無しで、お酒を飲んでも美味しいということのご理解を。中華街で小さい路地にあるにも関わらず行列になりやすい。なるべく電話してから行こう。常に行列で順番待ちのお客さんでいっぱいだった。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

関連ランキング:広東料理 | 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港の廟街の朝ってどんな感じ?

夜と比較すると整然し、静か。祭りが一旦終わったかのような雰囲気。

九龍のナイトマーケットのひとつ。男性向けのアイティムが揃うちょっと雑多な雰囲気がある、男人街。しかし、ナイトマーケットの朝は気になるポイント。

朝はどうなっているか?

Pc120060  
メインストリートを歩いて男人街方面へ。いつも思う、看板はバスにぶつからないのかと。

こから一本、奥に入ったら・・・

Pc120061  
 香港人の日常の朝を垣間見る事が出来る。外食文化の発達は台湾も同じで、一人暮らしの部屋はキッチンが付かないのが常識と言われているように、一人暮らしは通常外食なのだ。よってこのように簡易的に朝食が取られる場所が幾つもある。お値段も安く、早くててうまい。日本の牛丼屋さんを簡略化して店舗で、朝ごはんに特化して、トッピングをメニューに組み込ませたものを想像すれば分かりやすい。

肝心の町の様子は・・・sign02

Pc120062  

これが朝のナイトマーケットだ。お店は閉店した直後という感じに。夜が雑多となるとは大きなギャップを感じる。  

Pc120063

 整然としない街並み、言っちゃ失礼かもしれないがここは大都会の香港でスラム街に類似する「廟街」っていうところ。夜になると露店が出るので、両脇には其の簡易設置のベニヤ板が置かれている。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港のナンバープレート

Pc130346 
 香港は日本と同じ左側通行、右ハンドルだが、中国はその反対。香港から中国へ車を乗り入れるにはナンバープレートもその都度必要だ。よって写真のように車のナンバープレートが二つくっ付くようになる。黄色いのが香港特別行政区内でその下に有る青いナンバーが中国のもの。広東の略語である「」(エツ)がある。香港といえども広東省の境地内に有るのだが、イギリス植民地を経て特別行政区になった今でもイギリス式のナンバーを継続している。

 香港ではナンバープレートのことを「車牌」という。ここまでは台湾はおろか中国も同じだろう。
 しかし、香港の場合だがナンバーの話題は時々ニュースになるほどに以下の特徴がある。

 基本的なポイント

  •  ナンバーは人に付く
  •  書体のデザインはかつての宗主国イギリスとまったく同じ
  •  アルファベット2文字と1~4ケタの数字
  •  売買できる
 

イギリスと香港では、アルファベットの文字数や並び方が異なるが、一見しただけではまったく同じものにも見える。また、プレートの地がフロントは白色、リヤは黄色というのも同じ。

 数字、ひらがな、漢字の混在する複雑な日本のナンバープレートと違って、香港のナンバープレートはいたってシンプル。アルファベット2文字と数字から出来ている。特に「AD1997」のナンバー高値で取引された事はまだニュースで覚えている。

 最後に私的な意見だが、香港のナンバープレートは世界で一番カッコいいと思う。前後が違う色というお洒落さ、均整のとれた太目の書体、そしてイギリスのナンバープレートよりもアルファベットと数字の配列がシンプルで且つ美しい。

 日本のナンバープレートの形状は縦横1:2の長方形で、世界的に見ても大きめのサイズ。大きいプレートに漢字・かな・数字と記号に地名が入る複雑要素で見栄えを悪くしている。また、大きい分、外車に付けると専用のプラスチックの底板が必要になるのも難点。

■参考サイト
世界の自動車ナンバープレート



 
 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾総統選挙結果を予想して見た

 本日は2012年総統選挙だ。その結果を私的な見解で予想して見た。本ブログは私の政治的立場を宣言や主張するものではないことを断っておく。

 結論から言うと:馬総統は約60万票をリードして次期総統に当選するだろう。

 選挙前に特に大きな事件がなければ過去の経験からすると大凡こんなもんだというところで落ち着く。

 以下が私的見解の結果。

1 民主進歩党 蔡英文 蘇嘉全 5,910,347 44.40%
2 中国国民党 馬英九 呉敦義 6,542,648 49.15% 当選
3 親民党 宋楚瑜 林瑞雄 858,598 6.45%
有権者総数 17,478,683
総投票数 13,509,239
投票率 77.29%
有効票 13,311,593
無効票 197,646

 有権者数は人口増加率より算出、投票率は天候や投票時期等要素を考慮してはじきただした為ぶれ幅が大きい。今回は春節前を狙って海外(特に中国大陸)からの帰国者の票が大きく左右される。無効票は立候補者数が多ければ少なくなると事予測した。
 得票率は今までのニュースや選挙に対する国民の気持ちと自分の「多分こうだろう」を吟味して加えたもので数字をはじき出した経緯は公開しない。但し、実際に調査をしたわけではない。
 まぁ時間が有ればもっと詳細な情報を分析してより正確なものをはじき出せればとおもう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛋撻(ポルトガル風エッグタルト)ってなに?どうなの?

 蛋撻は中国語発音「ダンターッ」といい、英語の「タルト」に由来する。ヨーロッパの進出やインド料理やマレー料理に技法が持ち込まれて、カスタードクリームエッグタルトのような洋菓子。scissors

Pc120140            黄大仙駅前ビルにあるパン屋さんの蛋撻。$4HK/個

日常のスイーツとして確固たる地位をあげているが、この蛋撻は十数年前台湾で電撃的な旋風起こし、その後跡かたもなく消息を絶った。

Pc120141  
一次的な流行りで瞬間最大風速で稼いでいたようで、現在の台湾ではないわけではないが、昔程熱気があふれているわけではない。記憶に有る限り、街の中のすべてがこのお店が開業し、店の前には必ず行列ができていて、朝から晩まで「これはうまいっ!すごい行列だ」というニュースが流れていた。

Pc120143

もとはポルトガルのデザートらしく、マカオで売りだして、香港でヒットしたのち台湾に持ち込まれた。

Pc130438

正式名称は「ポルトガル風エッグタルト」だが、お店によって形が円形や楕円形がある。お値段はHK$3~ぐらいから。

Pc130439

気になるお味ですが、焦げたところが苦く、そして生地が甘いので相性がいい。脆く崩れやすいので食べにくい。露店で買ったので安く頂いたが、お店でお茶やコーヒーと一緒に頂くと一層楽しさが増す。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾美食文化網(日本語タイトル・台湾ごちそうナビ)って何よ?

This website is talking about cuisine as a genuine experience of Taiwanese culture.

 近年「観光立国台湾」を目指し、国際社会に台湾を売り込もうと行政院新聞局が「美食の台湾」の専用ウェブサイトを開設。happy01

Photo            台湾美食文化網(日本語タイトル・台湾ごちそうナビ)

 台湾グルメの魅力を六つの言語で紹介し、知名度アップを図っている。

その内容はsign03

 グルメ検索やレストラン予約、掲示板やSNS等投稿、口コミコミュニケーション機能の機能は備わっておらず、もっぱら情報提供型のサイトだ。特に動画での紹介が分かりやすくつい見ていると涎を垂らしてしまう。

ついには台湾料理にもsign02

 そもそも、「台湾料理」というジャンルはどの中華料理にも分類されず、一般的に「台湾料理」って何?っていうのが台湾人の間でも困っている話題なのだ。それを分類統合して、体系的に紹介するサイトができたというのであれば大変貴重な情報源なので参照されたい。

 そもそも台湾は四方を海で囲まれており、また国内中央部に3千メートル級の山々が南北に縦走しているなど、九州よりも狭い地域であるにも拘わらず、国内に多様な地形や豊か な自然条件が揃っていることでも知られており、豊かな海の幸、山の幸など多くの食材に恵まれている。

 また、歴史的に国民党から兵士の食事を提供する中国各地の一流のコックを連れて来た経緯もあり、戦前においては日本の食文化も少なからず影響を及ぼしている。

台湾料理の特徴とはsign01

他の中華料理が大量に油を消費するのに対して、比較的淡白で素朴かつ繊細な味付けの料理が多く、塩気も全体に抑え気味である点を挙げることができる。中国宮廷料理に匹敵する華やかさはないものの、茶葉、花を使った点や、豚を隅々まで利用する点が特徴的である。

■関連記事

世界美食ランキング‐海外サイト

■参考サイト
台湾ごちそうナビ(中国語・英語・日本語・フランス語・イスパニア語・韓国語)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末の香港の郵便はどうなっている?

About HonKong Post.
 台湾も香港も中華圏では年賀状という文化は無い。しかし、年末年始に葉書やクリスマスカード贈る人もいないわけではない。

切手はどこで?

Pc130349

Pc130347

今回、親しい人に挨拶の葉書を出した。クリスマスやNewYearは明記せず、遅れてもまぁ対応の出来る無難な文言。朝郵便局に赴き、郵便局職員の対応は毅然としていて、デフォルトは英語での対応。切手は貼ってくれないが、お釣りと切手を投げるように渡して「Here!」の一言。 「Thanks!」と言ってその場を逃げるようにした。coldsweats01

金額体系はどうなっている? 

 日本みたいに海外均一料金でなく送り先によって値段が変わるのだ。上の写真の$2.4は台湾行きというか、中華民国自由地区行き。

 下の写真の$3は日本行き、エアメール20gで封書も葉書も同一価格。切手は「中国香港」の表記で、1997年の香港返還後変った事の一つに挙げられる。

 ちなみに香港行政区内は30gは$1.4 という格安。(狭いからなのか?)
 Pc120040

営業時間の条件は?

郵便局前に告示してある営業条件。平日と土曜日は午前9時から午後4時まで営業。日曜日は午前9時から午後2時までとほぼ無休、大衆の休日はお休みになるが、週末しか時間がないサラリーマンには利用しやすい。

 ただ日本と違うのは気象条件で営業停止になるとのこと。

 8号警告及びそれ以上の「熱帯気旋」か、黒色暴雨警告が営業時間内に出れば即営業停止するとのこと。

 「熱帯気旋」って文学的な表現だが台風の事。日本語に訳すと台風かそれに同等する雨風が強い場合は営業はやめるぞ!ということだ。台湾と同様の台風国家である当たり前の措置。

郵便ポストはあんの?

Pc130532
 某ショッピングフロアの待ち合わせ場所らしいまん中の柱の中に有る香港郵政のポストと切手自販機。

  香港郵政のコーポ―レートカラーは中華郵政(台湾の郵便)と同系統の色だから分かりやすい。街中あちこちに見られるので、もし旅行する時は絵葉書2枚くらい携帯してアナログのメールを出すのもいいだろう。

■参考サイト
香港郵政(繁体字中国語)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレの段差が好き

友達の家にお邪魔してトイレ借りたらそこに段差があった。

「俺、トイレの段差が好きなんだよね」って言って、用を足したが、「トイレの段差」が好きな人は稀だと返された。

中国語でトイレに行くというのは「トイレに通う」の「上」を使う。考え方としてはトイレは生きている間は通い続けるもので、一度行けばそれで終わりじゃないので、動詞は「上」を使う。 

例えば、「上洗手間」。表面上の意味はつまりトイレに上がるということだが、トイレに段差がなければトイレに行って用を足すという実感がない。

だからトイレに段差が有ってほしい。

この「上」という動詞は便利で、「上大号」、「上化粧室」等お上品にもお下劣にも聞こえる。
そして、用を足す意味も含まれているのだ。

もし「去」という動詞を使うと、一回こっきりでもう二度と行かないのか、ただトイレが有る場所で何か別の事を行うのかという意味合いも含まれるので、「トイレで用を足す」は「上」を使おう。

ちなみにトイレから戻る場合は「下」は使わない。「上」の完了形で「上完」という。但し、休憩時間等に多数の人がトイレに行ったり来たりを言いたい場合は「上下厠所」とセットで言う。

また「用を足す」は「办事」にはならない。「上」には用を足すという意味も含まれているので、「去」を使った場合はそこで何をするか補足説明すると丁寧に聞こえる。

「去洗手間、办事」というのは何らかの事務手続きや修理、検査、着替え、化粧、麻薬売買や取引等含むオペレーションをするのではという誤解があるので、気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港では足場が竹で出来てるってホント?

百聞は一見にしかず、ホントだ。 happy01

Pc120203            香港の高層ビルお足場はすべて竹で組まれている

香港に行く機会があればぜひ一度その芸術的な技を見て欲しい。

竹足場にはわけがあり、竹は軽く、組立てや解体作業も容易であり、運搬も楽。更に於く場所が節約できて、鋼鉄製よりも管理が容易。利用においても「しなり」によって重さで総だおれする危険性を回避、湿度の高い香港では鉄は錆びやすいので返って面倒なのだ。

それに、竹は環境にも優しく、エコ。組む時はビニールだけで縛り付けるところもすごい。
香港の足場写真等を集めているサイトがあるから参考に見てみよう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひろりん。のブログで振り返る2011年

 いつも「ひろりん。のブログ」をご愛顧賜り誠にありがとうございます。2010年の春節後にまもなく2周年になるひろりん。のブログ、よくもまぁ~2年も続けたもんだとなぁっと改めて実感。

 2011年年始当初は世間は比較的平和で、新しく始めた年末年始のリゾート住み込みのアルバイト、極限の状態に身を置いてみて、改めて自分を思い知った。
 1月~2月頃は京都と九州にそれぞれ1~2泊の旅へ。特に京都の東山ユースホステルの閉鎖後跡地にできたマンションは気になるところで、同じく工事中だったJR博多駅も今はどんな様子になっているのか?
 

 2月末3月初旬は勿論弾丸で台北のシャガール展へ行き、親の命令によりお見合いと不動産取得のための返済計画を練った。不安視する未来への見通しを数字に落とし込む作業を行っていた。何げなく毎日食べるスナック菓子にポテトやチョコレートの比較分析した結果もアクセスに大きく貢献している。

 3月は勿論M9.0東日本大震災とその後の買占め。生活を脅かす原発問題が話題にあがり、世間を騒がせる。国民は日本のメディアに不信感を募らせており、海外メディアの報道に注目が浴びる中、海外のニュースを翻訳したり抄訳したり瞬間的にアクセスは伸びたものの、その後平常に戻るが、また徐々に上がる傾向を示した。

 4月引越作業やら新居に改めて冷蔵庫を構えるので徹底的に分析した結果を報告、冷蔵庫等大きさか色で選ばれる基準しかないと思われがちだが、しっかり見てみると各メーカーが差別化に力を入れているのが分かる。

 5月の世間は節電の話題が大きく占める。横浜の夜景も寂しいものになった。工業生産品の食べ物と其の他利用したレストランのグルメブログが中心になった。中国事情ではオンラインショッピングが大きく成長を示した矢先に冷凍粽が話題に。

 6月の気温が40度に迫る日があり、一層の節電を呼び掛ける毎日。そして節電に伴い生活習慣も変え、会社へは地下鉄を利用せずに毎日徒歩で、4月から11月まで続けた。

 7月~8月は中国高速鉄道事故がらみ。個人的にはジブリ映画のコクリコ坂からがかなり気に行った。禁煙は3年目を迎え、4年目の禁煙計画の実施を開始。8月中旬には節電休みがあり、急きょ台湾に行く事があったので、10年ぶりに真夏の台湾を実感。中国がらみはパクリネタ。今度はお店のコンセプトまでも模倣の対象となった。

 9月~10月は一時的に陣地をフランスパリに移した。中国人が世界の贅沢品消費国の上位を占める事が実感できる。それに伴い国内はモラルが低下が問題視され、2歳の女児が車に2度轢かれても無視される。

 11月は話題を日本に戻した。テラスモール湘南のオープンが大きくアクセスを伸ばした。何もなかった辻堂の街がどんどん建設されて行く様子がうかがえる。湘南エリアが横浜と匹敵するお洒落スポットになるにつれて厚木・海老名も黙っていられない状態だ。

 12月は陣地を香港へ移した。現在はまだ香港的な話題も継続にリリースする予定。

と2011年のひろりん。のブログの様子はこんな感じ。込み入った話はぽつぽつと有るが内容が深くないのが欠点。カテゴリを絞りこんだが、範囲がまだ広い。2012年はこれらの弱点を補う形で継続的に読者のメリットとなる旬の話題をどんどん提供して行きたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイサーのPCを愛用中

 apple製を愛用しているapple信者の友達から、「PCは何を使っている?」聞かれたのでこの際に自分のPCを軽く紹介。

 デザインはapple製品には敵わないが、使用感、コストパフォーマンスと企業イメージを踏まえてエイサー製を愛用している。

P1160206

 エイサーを選んだ理由は他になく、シンプルで安いこと。多少デザインはごついし見た目も正直かっこいいわけではない、全世界で2位のシェアを誇るから間違った選択ではないと思う。

 ちなみ、マウスは台湾のPCショップからのもらいもの、まん中の黒いのがメインマシン。

白いのは携帯用のネットブック。自宅にあるデジタル機器はこれとNECLaviaのWindowXPのみ。

P1160208

 エイサーのロゴ、変わったんだよね。

新生acer ロゴはすべての小文字の表記はそのまま、フォントがより柔らかく滑らかになり、カラーが深緑から明るい若草色になった。

Acerlogo

 う~ん、先進的なイメージよりユーザーに優しいっていう感じがする。愛着を持たれる柔らかく若々しいイメージ。なるほど、これから個人向けタブレットPCやスマートフォンの小型端末に注力して行く姿勢を感じる。

 でも緑色は捨てきれなかったか。

■参考サイト

acer(繁体字中国語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港のメンソレータムAD

 物流が発達した現在では日本製にこだわらなくてもいいと思うが、年配の人はそうとも行かない。

 例えばこの商品、ロート製薬のメンソレータムAD 90gだが、効能効果はかゆみ止めで香港でも正規品が販売されている。

Pc100002 

Pc120217

  これがそれだが、商品名及びパッケージのソレも一緒で、効能・効果や成分、容量までもが同じ。 それでも

「日本製でなきゃ」

 と過信する年配の人たち。最近でも「台湾製造」でも「香港製」でもそれほど大きな差は無いはずだが・・・

 何かのついででいいと思うがこんなお使いは面倒と思うのは私だけ?

■参考サイト

メンソレータム ADクリームn [90g]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賀正

Design050_up_2 謹賀新年 
あけましておめでとうございます。
本年もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
                                2012年 元旦


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »