« 夕暮れ富士山 | トップページ | スマートフォーツークーペ mhdってどうよ? »

JR東海 Xmas ExpressのCM

  The article about the CM Shinkansen in 1988-1992.

 パソコンや携帯電話がなかった時代だからこそわくわくしたり、相手を待つ緊張感も味わえた。金曜日、日曜日やクリスマスの日に新幹線ホームに繰り広げられる人間ドラマをリアルに描いたCM、ホント懐かしい。

 時代はあれから20年。
 今ではホームそろって頭を下を向いて端末をいじる異様な光景に鳥肌が立つほど。

HOME-TOWN EXPRESS(X'mas編)'88
 声はしないけど「バカ」っていうところがいいね。キャッチフレーズは「帰ってくるあなたが最高のプレゼント」。

X'mas EXPRESS'89
 彼女がクリスマスイブに故郷に帰ってくる彼の到着時間に遅れまいとタクシー降り場から駅の改札口まで走るというストーリー。キャッチフレーズにある「ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです。」というドキドキ感。便利すぎる携帯電話はハラハラするような恋愛を邪魔している。

Xmas EXPRESS'90
 彼女が、クリスマスイブの日、彼に連絡がとれず街中を一人歩いて自宅へ帰ると、玄関のドアに絆創膏で貼られた彼からの伝言があり、待ち合わせ場所に行くというストーリー。
携帯電話が普及する前夜の恋愛事情を描いたもの、キャッチフレーズは「どうしてもあなたに会いたい夜があります」。携帯電話が普及してしまっては不倫にも便利な時代になったものだ。このフレーズいやらしく感じるのは携帯電話世代でしょうね、きっと。

Xmas EXPRESS'91
彼女が、クリスマスイブの日、彼を新幹線の改札口で待つストーリー。雰囲気を醸し出すためのスモークは現在ではありえないかもしれない。キャッチフレーズは「あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい」。

 

Xmas EXPRESS'92
 彼女が、クリスマスイブの日、新幹線に乗って彼に会いに行くストーリー。必死に笑顔の練習する彼女。やっぱり彼に会えた瞬間がうれしくて涙した。携帯電話がなかったころのこの喜びは今では味わえない。
 全作の一応の結論だったので5作同時にみると落ち着く。キャッチフレーズは「会えなかった時間を今夜取り戻したいのです」。

|

« 夕暮れ富士山 | トップページ | スマートフォーツークーペ mhdってどうよ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
女の子がどの子も可愛いですね。
とくに2番目の子と最後の子!
服や髪型が今とはかなり違いますね。

投稿: ベジータ | 2011/11/30 00:15

>ベジータ さん

こんばんは。
お目にかけて光栄です。
私も2番目の子、牧瀬理穂が一番好きです。
ハキハキとしたところを撮影するために一回駅周りを走らせたとのことだそうです。

服装は当時は流行の最先端だったんでしょうね。

投稿: ひろりん。 | 2011/11/30 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/53246898

この記事へのトラックバック一覧です: JR東海 Xmas ExpressのCM:

« 夕暮れ富士山 | トップページ | スマートフォーツークーペ mhdってどうよ? »