« 何故日本メディアは「中国新幹線はパクリだ」というのか | トップページ | 朝方サザンビーチ茅ヶ崎で泳いで来た »

台湾の庶民料理が食える店

 台湾料理って言うのがなかなかピンとこないっていう人にお奨め。一度は台湾に行ったことがある人向けの台湾庶民(屋台)料理がここにあった。
 まず、なんといってもこれを外しては台湾メシは語れない。台湾では庶民から親しまれてほとんどの定食屋、食堂で見ることができる料理である。
 P7160083_small  
  それが「ルーローファン(魯肉飯)」だ。より親密的な言い方であれば「ローバープン」という。店主に向かって「ローバープン」といえばこの上ない親密感と郷愁が味わえる。

 この「ローバープン」はばら肉を脂身を多く含んだ豚肉を細切れにし、台湾独自の醤油、米酒、砂糖、油葱酥 (揚げた赤ねぎ) で作った甘辛い煮汁で煮込み、煮汁ごと白ご飯に掛けた丼物だ。器は日本の丼ぶりよりも小さく茶碗で供されることが多い。ポジション的に牛丼に近いが単品で食べることはなく、他の料理と共に食べることが前提の料理だからである。家庭ではスープがあれば十分であり、食後に甘いフルーツ(パパイヤかマンゴー)をいただければもうこの上ない至福といえよう。

 ちなみ各店や家庭によっては「秘伝のタレ」などとも呼ばれるタレにつけ込み、長時間煮込むことで肉から溶け出たゼラチンが独特な風味を生み、この風味が個性を生み、差別化を図っている。作っては足して煮込み続け、何年も釜を洗わないことを宣伝する店もあるので、「汚い店であればあるほど美味しい証拠」ということが台湾的常識に通用する。

 それと今回は「ザージャンメン」もいただいた。

P7160082  
 こっちは中国北京由来の料理だが台湾で独自の進化(砂糖が投入される場合がある)したものがある。台湾は南国なので麺類は主食でないが添える程度に紹介したい。
 夏にはムショウにカレーが食べたくなるようにザージャンメンが食いたくなる場合が台湾人にある。ピリッとしたからさとあっさりしたモヤシ、キュウリと麵が絡み合い、豆味噌や豆板醤で炒めて作った「炸醤」が甘辛く美味しい。 

P7160081_small
 好みで好みで千切りのきゅうりや細切り葱があり、店や家庭の独自アレンジがある。
 P7160096_small
 さらにはインスタントのザージャンメンも存在する。日本と同様に麺類にはインスタントがつき物だ。日本ではラーメンのインスタントが存在するように台湾の麺類もインスタントが存在する。

P7160101_small

 作ってみたが店とぜんぜん違う。 

P7160102_small
 具がない分貧相に見えるが、受験生だったころ、徴兵で基地の警備ではこのザージャンメンに何度も救われた。 

P7160079_small
 庶民料理なのでお値段もお手ごろ。しかし、地元比べるとお店が構えてある分、少々割高に感じる。台湾に行く機会があれば是非とも本場と比べてほしいし、屋台で食べるべきものランキング10位には入るといえる。 

P7160089_small  
 締めは肉団子スープ。あっさりした下地に胡椒がきいていて、コリコリした食感の「貢丸」と「鱈魚丸」美味しい。普通は一種類のみ提供だが今回は店主「同郷だから」でサービスしてくれた。一度で二度美味しい、「魚丸湯」+「ローバープン」とオプションで台湾フルーツがあれば申し分ない。

 高級感がなく、シンプルで庶民の味わいで懐かしい思い出がこみ上げてくる。 

P7160076_small  
 店舗外観は日本風の中華食堂のイメージ。外見はこだわらず中身で勝負。

P7160078_small
 メニューの写真が大きくわかりやすく張ってあるので思う存分迷っていいぞ。

P7160091  
  そういえばここの看板料理は「牛肉麵」だったがそれを食べるのを忘れた。中学校のときに台北駅西口、鄭州路地に密集してあった牛肉麵を最後にそれ以降はインスタントばかり。「銭爺」に本物の味を期待。

関連ランキング:東南アジア料理 | 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

|

« 何故日本メディアは「中国新幹線はパクリだ」というのか | トップページ | 朝方サザンビーチ茅ヶ崎で泳いで来た »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/52223327

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の庶民料理が食える店:

« 何故日本メディアは「中国新幹線はパクリだ」というのか | トップページ | 朝方サザンビーチ茅ヶ崎で泳いで来た »