« 東北地方太平洋沖地震について | トップページ | 天皇陛下、被害者メッセージが台湾メディアでトップに »

一刻も早く復旧を…

 横浜地域は物資が欠乏している。被災地を優先的に分配するために品薄になっている。
 P3140017  
 スーパーはおろか、コンビニのサンドイッチ、菓子パン、カップラーメンが品薄に。
 P3140018 

   通常では余り考えられない光景だ。棚にあるパンがない。今までコンビニに頼ってきた自分の軟弱さが露呈した。

P3140020    

  地震災害により、商品が優先的に東北地方に配給され、首都圏は品薄になる。

 P3140019
 停電、物資の欠乏、サバイバルは本当にこれからだ。水がない、食べるものがない。生きている事がこんなに難しいとは思わなかった。海軍時代を思い出す。 

P3140016
 横浜ルミネは営業停止に、でも営業出来るんだったら営業したほうがよいのでは。今は自粛よりも「稼ぐ」事が大事だ。アルバイトの職員を多く抱えている流通サービス業は出勤出来ない日が重なると給料がでなくなり、給料が出ないと、税金も払えないし、寄付も出来ない、引いては復興も遅れるわけだ。

 被害を受けなかった人たちができる一番大事なことは「心配すること」「自宅待機」ではなく「復旧する」「通常の日常に戻る」ことだ。復興には膨大なお金がかかる。その負担は海外からの義捐金があるとしても、大半はここにいる日本人が税金で支払われる。国家経済が傾かないように、しっかり稼ぐことが何より大事だし、直接被災地に行けないほとんどの人間にとってできる一番確かな「支え方」だと思う。

 出勤出来る人は出勤し、歌える者は歌い、踊れる者は踊り、動けるものは動き、それぞれが自分のできることを自分の持ち場でしっかりやること。ここから日本が再び立ち上がるために、被災された人たちを支えるために、今は引きこもっている場合ではない。自宅待機等と安直は判断は以てのほかだ。出来る所から少しでも日常に戻ることが最優先考えられるべきだ。

|

« 東北地方太平洋沖地震について | トップページ | 天皇陛下、被害者メッセージが台湾メディアでトップに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/51121842

この記事へのトラックバック一覧です: 一刻も早く復旧を…:

« 東北地方太平洋沖地震について | トップページ | 天皇陛下、被害者メッセージが台湾メディアでトップに »