« ルイジアナとい言葉を聞いて | トップページ | ヴィッテンべルクで途中下車 »

ウォールミラーの黄色縁の理由は?

風水学上、黄色は「コミュニケーションカラー」と言われ、朝の身だしなみを整える際に、元気も与えてくれる魔法の作用がある。happy01

zuzuさんご要望のインテリアの紹介第3弾。

カーテン、ソファに続いてウォールミラー黄色にsign03

床、天井の色はもともと仕様で決まっているので、建具の色を決める一環としてウォールミラーがある。

ミラーは部屋を広く見せる効果があるので当初から積極的だった。

そこで導入したのはこれだsign03

Pc120857_2

部屋のコンセプトをたどると、壁にかかるミラーは開放感を与え、親しみをアピールするもので、上手にコミュニケーションを取りたい時に発揮する黄色縁のウォールミラーheart04

黄色いカーテンの横に建て添えるだけで部屋が広くなり、入る光を上手に反射して室内を明るくする。happy02
   
光が出入りする場所にミラーを置くことに、そして玄関にもお洒落なスリムミラーを掛けた。

Pc120860

ドアが開いた瞬間でも光の筋を部屋に通る。shine

このレモンイエローのスリムミラーの幅は15㎝、長さ80cm、スマートに見える。bearing

女性であればお出かけ前のチェックには十分足りる。sign03

Pc120858

新生活では全身を写すミラー以外に、ちょっとした見出しを整え、インテリアに映える光を奥へ送り込むミラーの配置を検討して見てはどうだろうかsign02

■参考サイト


スリムミラー

|

« ルイジアナとい言葉を聞いて | トップページ | ヴィッテンべルクで途中下車 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/50312920

この記事へのトラックバック一覧です: ウォールミラーの黄色縁の理由は?:

« ルイジアナとい言葉を聞いて | トップページ | ヴィッテンべルクで途中下車 »