« 京急600系電車が勇ましく健在 | トップページ | カーテンが決まれればソファも決まる »

初めて買ったマンション、つけたカーテンの色が黄色のわけは?

やっと手に入れた中古のマンション、何もない部屋で始めてつけたインテリアが黄色いカーテンだった。それは分かれたの彼女を幸せを祈願する「黄色いハンカチ」から。sign02

買ったマンションに引っ越してまだ何もない部屋で生活を始めようとしたとき、きっと一番はじめインテリアはカーテンではないでしょうか?

マンションは安い買い物ではありません。やっぱり価値を最大限に発揮したいですよね?

そこで、シンプルで統一感があって幸せになれるようなインテリアを目指して考えました。

黄色で・・・と

Pb1101

 黄色は元気で、明るくもっともパワフルで目立つ色、光が当たれば部屋全体に幸せが移りこむ。

 窓の向こう側は以前付き合っていた彼女の家。別れた今でも幸せでいて欲しいと思いをこめて掛けた黄色いカーテン。その由来は正に「黄色いリボン」の黄色。

 この曲は高校のときに英語の勉強として習ったので印象が深い。そしてこの「黄色いリボン」の風習は台湾でもはやっていて、失った人を呼び戻すためにその場所で黄色いリボンが結ばれることがある。

 実際今回もちょっぴりそれとなく、幸せの黄色いリボンと同じ理由の黄色。 

 そして写真はカーテンをカーテンと見ても面白くないので、それに染みついた人間の心情を埋め込もうと思った。過去と妄想にまみれつつ、楽しく撮って書いた一枚。

 Pb100438

彼女どうしているのかな~きっと幸せだろうねこんなことしなくても・・・(笑)

■参考サイト

幸せの黄色いハンカチ

|

« 京急600系電車が勇ましく健在 | トップページ | カーテンが決まれればソファも決まる »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/49993201

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて買ったマンション、つけたカーテンの色が黄色のわけは?:

« 京急600系電車が勇ましく健在 | トップページ | カーテンが決まれればソファも決まる »