« チャレンジ25キャンペーンに参加した | トップページ | やっぱなんかいいよね、箱根って »

iPadよりもリアルな旅へ

 お昼の時間、さぁ~っとソフトバンクのお店の前を通って行ってきましたよ。ちょっとした偵察に、もちろんiPadの販売されている様子を見に、です。 まず予想通りというかなんというか、置いてありません。売り切れたんじゃなくて、最初から売っている様子がないんです。

 iPadは気持悪いほどメディアで騒がれているのですが一体何がすごいのかさっぱり分かません。電子書籍となれば前から存在があったわけだし、ネットブックよりも軽く、携帯よりも嵩張るとなれば使い心地がいまいち伝わりにくいのですが。

 現代の人たちはもっと旅が必要だと思います。もちろん携帯電話、iPad、ネットブックなどのマルチメディアに親しむのはいいのですが、リアルな旅に出かけた方がきっと得るものが多く刺激的だと思います。確かにデジタルメディア機器と比べるものではないと度々承知の上でありますがデジタル機器を駆使して旅するのはよしとし、デジタル機器をいじって家で籠るよりも、もっと外へ外へと旅に出たほうが有意義だと私は思います。できればデジタル機器をすべて解約して捨てて、旅に出たほうが人生の奥行きというか培われる価値はデジタル機器10台分に匹敵すると思います。

 旅をすることは過去に学んだ死んだ知識を活性化させてくれます。例えば英語がそうです。日本人の学生が英語に対する投資は莫大な割には役に立たせたことがありません。旅によっていやでも使う環境にいればそれなりにコミュニケーション力が向上します。旅によって実際に触れる刺激は半端ないです。リアルタイム性というか今現実に起こっている事像そのものを体験します。焦ったり、疲れたり、寒い思いをしたりとこれはリアルな体験です。視野が広がり、今後の人生にあらゆる影響を与えてくれます。少々予算が嵩張ってもデジタル機器の性能向上よりも旅に充てたほうが有意義だと思います。

 実際私は日々旅をしています。観光というよりも目標を立てて、いかに低予算でたくさんの事像を体験するかにこだわりがあります。貧乏だったら野宿も惜しみませんし貧乏だから高速道路よりも一般道で地道に一歩一歩旅を進めます。地域が変わると風貌や景色や更に言葉までも変わります。この変化を察知するのはデジタル機器では難しいしできないでしょう。知らない人たちと出会い、話したりすると見聞が広がります。同じ時間を過ごしていても、旅の空ではたまる経験値がずっと多く太い気がします。

 ただ、旅は連れていかれるのではなく、自分の手と足と頭を使って行かなければ経験値は増えません。「可愛い子には旅をさせろ」はいつの時代でも、正真正銘間違いのない真理だと思います。とくにドイツの人たちは旅が非常に好きです。彼らは年に2回ぐらい長期休暇を取り旅に出ます。いろいろと回るのではなく1~2箇所に長く滞在する旅をするのです。知らない土地での生活に適応して、環境変化の感度を磨いているようです。

 これからも旅を続けていきたいと思います。歩ける今のうちに旅を兼ねて見聞を広げたらいいなぁと思っています。happy01


 

 

|

« チャレンジ25キャンペーンに参加した | トップページ | やっぱなんかいいよね、箱根って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/48528904

この記事へのトラックバック一覧です: iPadよりもリアルな旅へ:

« チャレンジ25キャンペーンに参加した | トップページ | やっぱなんかいいよね、箱根って »