« チベットのラサにある簡易移動型信号機 | トップページ | 大井川線の千頭駅に行ってみた »

台湾のミルクピーナッツスープって何?

「愛之味」台湾大手食品メーカーが製造しているミルクピーナッツスープの缶詰め。若年層からお年寄りまで、人気の高い保存食として確固たる地位を確立している。

P4290010

名前からして、カロリーが多分に含まれているようだが。

お値段は33元(=約99円 2010年5月1日現在)

P4300013

栄養表示を見てみると109kcal、なか卯のとん汁の125kcaより若干少ない。

熱量というのはカロリーで、単位にある「大」はk(キロ)。この商品は超ポピュラーでとって変わるモノがなく、まろやかで濃厚。

ピーナッツとミルクが合うのか?と疑問を持たれる方もいるかもしれないが是非お試しを。happy01

ただ一つ心配なのは日本人からすると甘いかもしれない。

ご利用のシチュエーションは缶コーヒーと似ている。台湾人はコーヒーが苦手な人が多いので、仕事にブレークタイムにこのミルクピーナッツが絶妙。

ただ、プラスチックのふたを開けて、スプーンのセッティングを行うところから、「一息」って感じ。

日本人からしたら理解しがたい部分ではないだろうか。

ミルクの濃厚さはなく、ほとんどのうまみの割合はピーナッツに。

下記のCM通り確かに一粒一粒がでかく味が濃い。が肝心のミルクはでしゃばりすぎない、というか薄い。むしろ薄いほうがピーナッツを際立っている。

■参考サイト

愛之味 (繁体字中国語)

CM動画の内容会話は以下に(CM動画の配信は終了していました。)

年配のおばさん:銀ちゃん、あなたも年をとって随分変わってきたけど、この「愛之味ミルクピーナッツ」のピーナッツは全然変わらないね、一粒一粒が大きくてまろやかだわ。

銀さん:はーい、原材料からコンピューターでピーナッツを一粒一粒選別してるんだよ。小さい奴、見た目が悪い奴や、腐っているやつを選別して、いるんだよ。美味しいだけでなく、健康にもいいだよ。

年配のおばさん:コンピューターってすごいね。子供だけ産めないけど、後はなんでもできるんだね。

ナレーション: 愛之味 ミルクピーナッツ

年配のおばさん:愛之味、コンピューターによる選別が、一番健康にいいよね。

|

« チベットのラサにある簡易移動型信号機 | トップページ | 大井川線の千頭駅に行ってみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554729/48220261

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾のミルクピーナッツスープって何?:

« チベットのラサにある簡易移動型信号機 | トップページ | 大井川線の千頭駅に行ってみた »